【Life】Maker Faire Tokyo 2018に行ってきました

皆さん、こんにちは。ズバリです。まだまだ残暑が厳しくて疲れてしまいますね。
そんな暑さの中、今夏も毎週末にさまざまなイベントが催されていますが、
私は8/4(土)・8/5(日)に開催されたMaker Faire Tokyo 2018に行ってきました。

Maker FaireはDIYの展示会のようなイベントで、一般の人や企業が独自のアイデアで作ったものを各ブースで紹介しています。自分の作品を紹介する展示会というと文学フリマやデザインフェスタなどがありますが、そのギーク版といった感じ。サンフランシスコではじめて開催されて世界各地に広まりました。
http://makezine.jp/event/mft2018/

さて、今回、私がメインで見て回ったのはNerdy Derby(ナーディー・ダービー)という参加型のイベント。下記の紹介動画にある通り、少ない部品で簡単に組み立てられるミニチュアカーを好きなようにデコレーションして走らせます。

Nerdy Derbyの特徴は「ルール無用」ということ。ミニチュアカーの土台の組み立て方の説明はありますが、その後どんなカーにしていくかは自分次第。会場にデコレーション用のパーツと工具も用意されているので、あとは好きに作っていくだけ。このイベントの参加者は子どもたちが中心ですが、性別関係なく皆の想像力が遺憾なく発揮されていて、大人はとても及ばないなあと思った次第でした。
シンプルだけれど、「速さ」だけでなく「遅さ」を競うレースがあったり、難関コースも用意されたりとやりこみ要素の多いNerdy Derby。私と友人たちは何時間も制作に取り組み、来年参加するときは、1日このイベントに費やそうという結論に至りました。
ちなみに、私が見ている限りで一番早かったカーは土台に、中身が入っている状態のペットボトルをくくりつけたカーでした。安定感もスピードも抜群だし、アイデアも斬新で最高でした。

上の写真は私と友人たちが作ったカー。右端の金色のカーが私が作ったもの。何となく悪役っぽさが漂うカーたち。

他にはこうしたものたち↓を見てきました。
スター・ウォーズのBB-8。写真がちょっと見切れてますが、親指を立てるとちゃんと応えてくれました。他にもカイロ・レンのコスプレの人がいたり、ちゃんと動く(飛びはしない)箒に乗ったハリー・ポッターのコスプレの人がいたりと、映画ファンにも楽しい場となっています!このテラリウム、アグリウムといって「食べられる景色をつくろう」というコンセプトで作られていて、なかに植えられているスプラウトは収穫して食べることができるそう。朝方と夕方に自動でミストが噴射される仕組みになっています。クラウドファンディングを行っていて、スターターキットも購入できるようになっています。https://www.makuake.com/project/agrium/


こちらは友人が購入したスマホ顕微鏡 μHandyの紹介動画。スマホやタブレットのカメラに取り付けるだけで、顕微鏡としての機能を果たすので出先での観察や撮影が可能という優れものです。
https://jp.loveuhandy.com/

以上、Maker Faire Tokyo 2018のレポートでした。映画でも最近DIY要素の強い作品が作られていたり、学校の授業にもプログラミングが取り入れられようとしていたり、「Makerムーブメント」は今後も盛り上がっていく分野なのかなと思いました。あと、理系とかギーク的なものについて、男性が得意・好きといったイメージが根強いですが、Nerdy Derbyや他のブースでたくさんのガールズが一生懸命何かに取り組む姿を見ているとそんな考えは一気に吹き飛びました。
展示されているものは高度な技術を使ったものが多いですが、見る分には難しく考えずに楽しめるイベントです。初心者向けのはんだづけやプログラミングのワークショップもあるので、興味のある方はぜひ来年行ってみてください!
(@zubari21)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。