【FOOD】ギフトにもパーティにも!編集部が選んだ、春のおいしいお取り寄せおやつ

こんにちは、ガーリエンヌです。
ようやく春めいて、ワクワクする季節になってきました。同時に増進する食欲。とくに、心がはなやぐような、甘くて可愛いおやつが食べたい…!

ということで、今回は花園magazine編集部員がおすすめする、おとりよせもできる可愛いお菓子をご紹介します。

●梅月堂 ラムドラ

写真は公式よりお借りしました

鹿児島の老舗菓子店「梅月堂」の、ラム酒入りあんこのどらやき。
一般的などら焼きよりも小ぶりですが、持ってみるとどっしりとした質感。ラムの芳醇な香りがつよく立ち、とても食べ応えのあるお菓子でした。和の味わいなんだけど、洋のエッセンスもあり…好き!
緑茶も紅茶も合うと思いますが、個人的にはコーヒーが一番合う気がします。

ちなみに箱入りだとパッケージはこんな感じ。
お店の名前にもなっている梅を大胆にあしらった、春らしくておめでたいビジュアルです。
先日、祖母の誕生日に贈ったら、とても喜ばれました。

6個入り 2000円 婦人画報のおかいもの

【選者:ガーリエンヌ】

●フロインドリーブのクッキー詰め合わせ

戦前からある神戸のドイツパン、お菓子のお店、フロインドリーブ。クッキーの詰め合わせは、とてもシンプルなのに一度食べ始めたら止まらないおいしさ。軽やかなので何個でも手に取ってしまいます。

ミックスクッキー3個入り 1944円大丸松坂屋オンラインショッピング
【選者:vertigonote】

●Wagashi asobiのドライフルーツの羊羹

写真は公式よりお借りしました


ドライフルーツのイチゴといちぢく、クルミがどっさり入った、まるでテリーヌのような羊羹。
ドライフルーツのくちゃっとした歯ごたえがクセになる、大人のお菓子です。コーヒーにはもちろん、赤ワインのアテにもぜひ。

1棹 2160円 Wagashi asobi公式サイト
【選者:ngsm148】

●開運堂の白鳥の湖

写真は公式よりお借りしました


レトロなお菓子が人気の、長野県の開運堂。なかでも「白鳥の湖」は、乙女心をくすぐるなんともガーリーなソフトクッキーです。
洋風の落雁のような、口の中でほろりとくずれる、独特の食感が特徴。シナモン風味で甘すぎないおいしさです。そっと食べたい、小さな宝物のようなクッキー。

1箱 1220円 開運堂通販サイト
【選者:ngsm148】

●桃林堂の小鯛焼

大阪・八尾市に本店のある和菓子の桃林堂。シグネイチャーアイテムのひとつである「小鯛焼」は、その名の通りミニサイズのなんとも愛らしい鯛焼き。
片手で手軽に食べられるサイズが気楽で、おめでたい見た目だけにギフトにもぴったりです。
ちなみにこれはホワイトデー限定で、ラムレーズン入りの白あんで、しっぽにホワイトチョコがかかっているバージョンです。

小鯛焼 函 2個入り 648円 桃林堂通販サイト
【選者:ガーリエンヌ】

●月世界本舗の月世界

写真は公式よりお借りしました

富山県を代表する銘菓、月世界は久世光彦や瀧口修造も好んだといわれています。鶏卵と和三盆が使われたその味は上品で、少し懐かしい。ガーリーな見た目に加えて、とにかく軽いので手土産にもぴったりです。ネット販売のほかに、物産館や高島屋などでも購入可能。

6本入り 3240円 百選横丁
【選者:ズバリ】

●フレンチパウンドハウスのデセール・グラッセ

東京・巣鴨にある、ショートケーキで有名なパティスリー「フレンチパウンドハウス」。
こちらは、ケーキをそのままアイスにしたみたいな、凝った美しい見た目と味の〈デセール・グラッセ〉。普通のケーキでは甘すぎるという人にも、アイスケーキはおすすめです。チョコレートやイチゴなど、ほかの味もありますよ。

1個 518円 フレンチパウンドハウス通販サイト
【選者:ガーリエンヌ】

ご紹介したアイテムは、通販のほか、アンテナショップやデパートで買えるものもあります。ぜひチェックしてみてください!
(@girliennes)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。