【Life】結婚祝いにおすすめのアイテム8選

こんばんは、ガーリエンヌです。
私事ですが昨年11月に入籍し、1年ちょっと経ちました。この間、人生で後にも先にもないんじゃないかというくらいの結婚祝いをいただきました。本当にすべて嬉しく(もらえると思っていない場合が多かったので、感激もひとしお・・・)ありがたかったです。
同時に、自分から結婚祝いをあげる機会も多くあり、「喜ばれるプレゼント」ということについてよく考えた1年でした。
もちろん人の好みは千差万別ですし、何よりまず気持ちあってのものなので、けっして正解はありません。それを踏まえたうえで、比較的汎用性の高そうなギフトを選んでみました。
お酒や食べ物が好きなので、それにまつわるアイテムが多いのはご容赦ください。

imageresize-phpオーバル型の深皿
結婚祝いで平皿やグラスはよくもらうと思うのですが、普段使いしやすいという意味で、個人的な一押しはオーバル型の深皿です。私が使っているのは、夫が引き出物でもらったロイヤルコペンハーゲンのもの。サラダ、メイン、パスタなどどんな料理も引き立ち、2~3人でシェアするのにちょうどいいサイズ。オーバル型だとなぜかおしゃれに見える気もします。

2016-12-27-23-31-43カッティングボード&ブレッドナイフ
これは独身時代から使っていたのですが、結婚後に家に人を招く機会が増えて、これまで以上に重宝しています。チーズ、生ハム、パンなど、何を置いてもサマになります。気取らず、みんなで取り分けるようなスタイルになるのも好きです。ブレッドナイフは2000円前後で十分使いやすいものが買えます。パンはもちろん、フルーツなども切りやすい。

2016-01-07-23-34-40錫の酒器
お酒好きな相手限定にはなりますが、錫の酒器はどんな食卓にも合うスマートな贈り物です。錫は熱伝導率が高く、1~2分冷蔵庫に入れておくとよく冷え、またぬる燗でも美味しくいただけるという特徴もあります。仕事相手の方にいただいた能作のぐい呑みは、お酒を注ぐと底に月が浮かぶ洒脱なデザイン。気に入って片口と箸置きも購入しました。

2016-06-08-21-40-37シャンパン
お酒はギフトの定番ですが、ワインや日本酒、焼酎などは、好みがあって選ぶのが意外と難しいもの。その点、シャンパンはまず間違いがありません。もらう側からしても、「シャンパンがあるから遊びに来ない?」と、人を招くいい口実になったりもします。値段もさまざまなので、予算にあわせて自由に選べるのがいいところ。個人的にはモエが好きです。

%e3%83%ab%e3%83%94%e3%82%b7%e3%82%a2ノンカフェインのお茶
良質な睡眠のためにも、夜はノンカフェインドリンクを飲むようになりました。またカフェインが摂れない妊娠中の友人も多いので重宝します。ルピシアのノンカフェイン詰め合わせは、いろいろな味が試せて楽しかったです。なかでもおすすめは、自然な飲み口で何にでも合う「オーガニックルイボスナチュラル」、少し甘みのある「ジャルダンソバージュ」。

jomaloneディフューザー&ルームスプレー
消耗品であると同時に、インテリアにもなるディフューザー&ルームスプレー。私自身がもらって愛用しているのは、ジョー・マローンのルームスプレー「イングリッシュペアー&フリージア」。英国の庭を思わせるような、芳醇かつ爽やかな香りは、いつ嗅いでも幸せになれます。ボディソープなど、同じ香りのシリーズとセットであげるのもいいかもしれません。

03-pearl_2印鑑
現在の日本では、ほとんどの場合、入籍すると女性が男性側の名字に変わると思います。正直なところ、その手続きはかなり広範囲にわたり、かつ面倒くさい……。そのとき印鑑は絶対に必要となるので、可愛いものをもらえると嬉しい&ラクでした(私の場合は厳密にいうとリクエストしたのですが)。好みの書体もあると思うので、事前に相談してから買うのが良いと思います。

rooms_01_bigスパのギフトカード
自分で払うにはちょっと高価だけど、とびきり贅沢を味わえる時間、それは高級スパ。友人からロン・ハーマンのサロン「センス」のギフトカードをもらったときは、飛び上がるくらい嬉しかったです。特に結婚式前であれば、式の準備であわただしいのを癒す&結婚式に向けてのブライダルエステとして活躍します。かさばらないのも嬉しいところ。

いろいろ書いてみましたが、本人からリクエストを聞ける場合は、それがいちばん無難です。結婚祝いは高価なものですし、本人&配偶者の方の好みもあると思うので。商品券や現金も、個人的にはとてもアリだと思います。

------------------------------

さて、最後になりますが、本年も大変お世話になりました。
年明けには紙版最新号のお知らせもできる予定です。
来年も花園magazineをどうぞよろしくお願いいたします!(@girliennes)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。