【Music】今年も楽しみ!ラ・フォル・ジュルネ2014(by鷲尾仁美)

article01_img_01
日曜の深夜、人寂しい時間……なんて思っていたら、あっ、花園会classic支部のとってもチャーミングなクラシック・ソムリエール、鷲尾仁美さんからの着信が入りました。

―――――――――プルルルルルルルルルルルルルル・・・・

flick!

「もしもし、仁美です。お久しぶり!
今度のゴールデンウィーク、5月3日から5日にかけてって空いてる?丸の内で“ラ・フォル・ジュルネ”っていうクラシックの音楽祭があるんだ。 ほら、クラシックのコンサートに興味あるけど行ったことないって言ってたでしょ?服装とか迷うし値段も高めだから二の足踏んじゃうって。
でもね、そんなイメージを覆しちゃう音楽祭なの!一言で言ったら、フェスだよ! 私毎年行ってるんだけど、一緒に行けたらもっと楽しいかなと思って。

ラ・フォル・ジュルネは、1995年にフランスのナントって港町で誕生したんだけど、2005年から日本でもやってるんだ。東京国際フォーラムがメイン会場で。 特徴はね、公演がとにかく多いこと!8つの会場を使って、3日間で150公演以上が行われるの。
でも1公演は45分程度だからサクサク鑑賞できるし、公演のハシゴもできる。 しかもチケットがすごーくお手頃で、高くても1公演3500円で買えちゃうんだよ!超ベテランから期待の若手まで一堂に会してるのに、すごくない? お客さんの数も凄くて、過去9年間で約577万人が会場を訪れたんだって!! クラシックコンサートらしくない熱狂に包まれてるの。

Joseph-Moog-Beethoven-Brahms-Schumann_1もうチケット取ってるのかって?もちろん! とりあえず2つは絶対行こうって決めてて、ひとつはピアニストのヨーゼフ・モーグのコンチェルトの公演(※313)!
王子様みたいな若きイケメンでそれだけで素敵なんだけど、音楽ライターの方々がみなさんこぞって演奏を絶賛してるからYoutubeで演奏を聴いてみたの。 そしたら、演奏に”まろみ”というか、心の底まですとんと入ってくる落ち着きがあって・・・。みんなメロメロになっちゃう理由が分かったかんじ。生で聴けるのすごい楽しみ!人気過ぎてチケットとるのにほんと苦労したんだよね・・・。もし気になったのなら急いでチェックしてね!

もうひとつ、見逃せないのはルセロ・テナのカスタネット!(※216.316) プロのカスタネット奏者なの。 去年のラ・フォル・ジュルネで初めてパフォーマンスを生で見たんだけど、もう鳥肌が総毛立っちゃって!


彼女は今年で77歳のおばあさんなのに、すーーごく凜としててカッコイイし溌剌としてて、これぞカリスマって感じだった! とにかく生で見てほしいなぁ。心を揺さぶられるような感動をみんなで共有したい! 絶対私これだけはどんなことが起こったって会場に行くつもり。去年からずっとずっと楽しみにしてるからね!

Russia_stamp_Swan_Lake_1993_25rラ・フォル・ジュルネは毎年テーマが決まってて、それに沿った作曲家や国の音楽をフィーチャーしてるんだけど、今回は10周年記念で、”オールスター”がテーマなんだって。
つまり、有名どころが勢揃い!聴いたことある曲もたくさん演奏されると思う。ショパンの有名なピアノ曲ばっかり演奏してくれる公演(※164)もあるし、”白鳥の湖”と”くるみ割り人形”がセットで聴ける公演(※111)とか。この曲知ってる!っていうラフな気持ちだけで飛び込んでみちゃうのも絶対アリだよ。普段テレビやCDで聴くのと目の当たりにするのじゃ全然違うから、聴きなれた曲でも新鮮に聴こえるかも!

あはは、熱っぽく話しすぎちゃったけど・・・ちょっと行きたくなってきたでしょ?
もっと知りたくなったらレコードショップでラ・フォル・ジュルネの情報が載ってるフリーペーパーとかを探してみたらいいんじゃないかな。おすすめ公演やアーティストがいっぱい紹介されてるから、チケット購入の参考になると思う! 休憩のタイミングが合えば、一緒にランチしよう♪フォーラム前にはお祭りらしく屋台がたくさん並ぶし、無料公演もいっぱいあるから雰囲気だけ楽しみに来るのもいいかも。実力派音大生たちが丸ビルの1階で演奏してたりするし。
とにかく絶対面白いと思うよ!スケジュール分かったら教えてね。 じゃあね!

―――――――――プツッ ツー ツー ツー

一気にしゃべって切れちゃった!でもなんだか楽しみになってきたあなたは、是非公式サイトをチェックしてください!売り切れているプログラムもありますがまだ間に合う企画も色々ありますよ!
http://www.lfj.jp/lfj_2014/?id=nav

=====================================================================
鷲尾仁美(わしお・ひとみ)PROFILE
2014年4月まで音楽大学生。人生の相棒はピアノとプリン。生活スタイル、好きなアーティスト、好きな色などを考慮し、一人一人にぴったり合うクラシック音楽を提案する”クラシック音楽ソムリエール”として活動すべく、現在修行中。動物占いはペガサスの91年生まれで関西人。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。