【Travel】真冬に夢みるビーチリゾート コタキナバル&バリ旅行記(by meloko)

こんにちは、ガーリエンヌです。
78年ぶりという記録的大雪に見舞われている日本列島、もちろん私は本日部屋から一歩も出ておりません。
こんな寒い日にこそ、夢に思い浮かべるのは南国のリゾート。
今回の花園magazineは、旅とファッションとお酒が大好きなガール、melokoちゃんをゲストにお迎えして、コタキナバル(マレーシア)とバリ(インドネシア)のリゾート旅行記を寄稿してもらいました!
気持ちだけでも暖かくなれますように。

=====================================================================
Girly Trip To Kota Kinabalu&Bali
presented by meloko

ソチオリンピック熱で盛り上がってはおりますが、やっぱり2月の東京は寒い。
雪も積もるこの街を抜け出して、今すぐ太陽のビーチに出かけたい。
日差しが眩しいほどに降り注ぎ/真っ白な砂浜と真っ青な海のコントラストに目が眩み/ふとっちょの欧米人が恥ずかしげもなく裸体を披露/うっすいビールが安くてんまくて
そんなビーチに今すぐ行きたい。
ソチの人工雪を溶かすほどのビーチへの熱い思いを胸に、昨年訪れたリゾート地をご紹介させて頂きます。

マレーシア コタキナバル
1昨年9月、南国・マレーシアはコタキナバルのサピ島にて。
本土から船に揺られること15分、紺碧のビーチにたどり着きます。

2ここで飲むカールスバーグのんまいことんまいこと!!!!
ほとんど水感覚でぐいぐいぐいぐい飲み進めてしまいます。
どうしてビーチで飲むビールはぬるくたって喉越し爽やかなのでしょう。東京の夏にはキンキンに冷えたビールしか似合わないけれど、コタキナバルでは太陽に照らされて砂浜に温められた気の抜けたビールも殊の外、美味しい。

3コタキナバルという街は、日本で言うところの熱海のような、観光よりも保養という言葉がよく似合う場所なのかもしれません。マレーシアには、ランカウイやペナンと言った高級観光地もありますが(日本で言えば沖縄・箱根・軽井沢と言ったところでしょうか)、デザイナーズとかオシャレとかセンスとか、そういうものから解き放たれて、ただひたすらのんびりできるのがコタキナバルだと思います。

4タイガービールを飲みながらマッサージが受けられるお店が最高で、滞在中毎日通いました。素朴なベッドとクッションは生活感でいっぱい、洗練されたリゾートには程遠い、なんとも緩みきったセレクトです。
ですが何ともコタキナバルらしくて憎めない。それはまるで、気の抜けたビールのようで。
5

インドネシア バリ
アジアが誇る人気リゾート、バリにも昨年訪れました。残念ながらそのビーチはお世辞にも美しいと言えませんでしたが、サンセットを眺めながら飲むモヒートの美味しさも、彩られたバスタブへの感動も、忘れることができません。
76プールで泳げるバー・ポテトヘッドビーチクラブ、眼前に海が広がるロックバー、風が気持ち良いSOSサパークラブ等々、コタキナバルとは対極、世界中のオシャレが大好きな女の子の前に出しても恥ずかしくない、都会のお金持ちが楽しむための街、と言うのがバリの印象。雰囲気抜群、東京顔負けのバーやレストランが立ち並ぶスミニャックやクロボカン、例えビーチで魚と一緒に泳げなくたって、ラタンの椅子とプールとモヒートがあればもう何もいらない。
8次回はケチャも遺跡も寺院も観光はいらない、昼間からプールサイドでビールを煽って、日が暮れ始めたらナイトスポットに繰り出せばいい。

お気楽ビーチでのんびり過ごすか、洗練された常夏の島で夜遊びを楽しむか。
いずれにせよ欲望の赴くままに過ごすバカンスファッションは快適が一番、がんがん洗えるストライプのコットンドレスと濡れても大丈夫なビーチサンダルが大活躍でした。
910
どちらもGAPキッズのモノです、ファストファッションは旅先で盗まれたり置き忘れてもダメージが少ないところもポイントが高い!!

素朴な海が美しいコタキナバル、ソフィスティケイテッドなナイトライフが楽しめるバリ。
甲乙つけがたいけれど、どうせ行くならどちらの要素も余すことなく楽しみたい!!というのが欲張りな女の性ですよね。

と、言うわけで。
かわいいお魚と一緒に泳いで/サーファーを眺めながらビーチでビールを/サンセットをバックにシャンパンで乾杯/ヴィクトリアズ・シークレットのパンツとブラを大量買いして/パンケーキを頬張るの♡
そんな夢の楽園・ハワイが次回の旅先です。

待ってろハワイ!!ってことで目下ダイエット中、天国のビーチでマーメイドにはなれなくとも、せめて景観を汚さない程度にはシェイプアップしたいです。

わたしは太っちょの欧米人ほどには、肝っ玉が座っていないのです。
11かわいいかわいいわたしの水着、これにビリティスのサマードレスを重ねてH.I.S.トロリーに揺られるんだ。

~melokoおすすめアドレス~
【コタキナバル】
ホテル ル・メリディアン
http://www.lemeridienkotakinabalu.com/
中心地に近く非常にアクセスの良いホテルです。

マッサージ シーフロントカフェ
http://www.ocean-sound.com/info/kkinfo/info-massage.html
コタキナバルの中心地・ウォータフロントに位置します。
フットマッサージは30分で25リンギットと破格!

【バリ】
スパ ジ・アムルタ
http://www.amerta-spa.com/
日本語OKのスパです。
身も心もリラックスされるハーフエイズヴィラパッケージがオススメです。

=====================================================================
meloko プロフィール
デザイン事務所に勤務する24歳。白とパステルが似合う外見と、酒とつまみをこよなく愛する食の趣味の持ち主。
BLOG 揺れガール
TWITTER @nikonikomeloko

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。