【Stage】AKB対談②~第5回選抜総選挙を振り返って~

こんばんは、ガーリエンヌです。
6月8日(日)、行ってきました第5回AKB48選抜総選挙@日産スタジアム!
会場の雰囲気なども交えながら、結果について、そしてこれからのAKBについて、
おなじみ紙野まじお先生と、また勝手に語りつくします!

ちなみに、直前の最終順位予想はこんな感じでした。
ガーリエンヌ:1位まゆゆ、2位優子、3位指原、4位松井珠、5位柏木、6位篠田、7位松井玲奈、8位ぱるる、9位こじはる、10位山本彩、11位高橋みなみ、12位みるきー、13位横山、14位板野、15位宮澤、16位須田
紙野まじお:1位まゆゆ、2位優子、3位指原、4位篠田、5位柏木、6位板野、7位高橋みなみ、8位小嶋、9位島崎、10位松井珠、11位山本彩、12位みるきー、13位松井玲、14位宮澤、15位横山、16位北原

そして開票の結果、最終順位はこちら

c86157a5

見どころは世代交代ではなく
スキャンダルメンへの恩赦

ガリ: 今回の総選挙を振り返って、どうですかね。さんざん煽られていた「世代交代」は及ばずだったなあという印象で、私は正直消化不良な部分もある。
まじお: 今回は、やっぱりスキャンダルメンが全員許されたということが一番でかかったな。
ガリ: そうだね。合コン報道のあったゆきりん(柏木由紀)も、びくともしなかったし、峯岸(みなみ)は良い感じに一連のドラマが完結できたと思う。スピーチもよかったし。
まじお: なっちゃん(平嶋夏海)が入ったのも良かった。ただ、指原が一位になったのは、スキャンダルが許されたとか言うより、完全に彼女の化け物性の話だから違う気もするけど。
ガリ: そうそう、指原は別の文脈。あれは21世紀のアイドルモンスターだから……
まじお: 指原がこんなことになっても、まだ指原の凄さに気づかずに「何であいつが!」って言ってるヤツはなんなの。指原はマジで100年に一度だから。
ガリ: ただやっぱり、テレビにたくさん出て顔を売らないと、1位にはなれないんだなって思った。指原、HKTにいるといっても、毎週『笑っていいとも!』ほかに出てるってのは、大きいよ。まゆゆ(渡辺麻友)は、どうしてもそのへんが弱い。
まじお: そうだね。まゆゆは、やっぱり優子と指原に比べると、格段に弱いからな。っていうか、やっぱりまゆゆではダメなのだな、と残念ながら思った。彼女の菩薩力は凄いんだけど、やっぱり単独でモンスターになれる雰囲気じゃないんだよな……。かなり菩薩で仕上げて来たから、「そっちの方向で来たか!」って思ったんだけど。やっぱり、少年漫画で言う所の、四天王の一人でしかない……。四天王の上の将軍にはなれない。
ガリ: ファンとしては、正直今回の結果はショック。ただ、逆説的にいえば、今回1位にならなかったことが、まゆゆの将来のためには良い気がする。「こういうもんだ」って肩の力を抜いてほしい。マジでまゆゆはプロとして素晴らしすぎるので、評価は10年後20年後についてくるはずだから……。
まじお: まゆゆ愛に溢れているな(笑)。
ガリ: 上位では、ともちん(板野友美)のスピーチが、去年どおり自分の言葉を持っていていいなと思った。権力争いをちょっと引いたところから見ていて、大人だよね……。
まじお: ぱるるのスピーチの時の、ちんともさんのマジで心配そうな顔が良かった。
ガリ: 順位はちょっと低かったけど、組織内立ち位置にも関係してくるからね。ちんさんみたいなソロアーティスト型は、やっぱり難しいとこある。それでも、いっときは4位までいった女だし。
まじお: 4位までいった時は、AKBに人を引き寄せる役割をしていたからなんだよな。それ以降は、AKBに貢献する機会がぐっと減ったので、まあこの順位。
ガリ: 麻里子さまのスピーチもさすがの貫録。会場の空気とか含めて、あの日のハイライトのひとつだと思う。「上位潰し」なスピーチだと思ったよ。卒業の形としても、一番美しいよね。
まじお: うん、コメントしようがない。「今までありがとうございました」位しかない。
ガリ: 次のチームAのキャプテンどうなるのかな。
まじお: 次のキャプテンは、ゆいはん(横山由依)がいい! たかみなになりうるのは、ゆいはんだけ! 嫌味が無くて、性格が良くてみんなに好かれて、だけど突っ込みどころがって、ちょっと滑稽で画面に映る度に何かしら笑えて、でも背中を見せるタイプの努力家。ちなみに個人的には、たかみなは来年選挙出ない気がしてならない。
ガリ: そうだね、今回きりかもね。というか、結局上位が出ないと、下があがってこれないことが、今回、構造的にはっきりしたよね。来年は、優子、こじはる(小嶋陽菜)あたりもいなくなりそうだなあ。
まじお: 最年長ゆきりんさんになるな。
ガリ: ゆきりんに関しては、今回スピーチもパッとしないし、私的には全然評価してないけど、もう1位争いに噛んでくることはないと思うし、伝統芸能みたいな感じでやっていけばいいと思った。
まじお: 個人的には、スキャンダルで散々ああなった後で出した「柏木とろろ」が……。こいつ、何気ないふりして完全に性の匂いプンプンさせて、全然振り切ってるなって思ったから、良かった。やっぱりスキャンダルがあったのに、あそこまで微動だにしないのは凄い。エロいだけある。
ガリ: まさに「遅れてきたビッチ」ですね。
まじお: 柏木とろろとか完全にエロ動画じゃないですか。指原にも毎回「またエロ動画を!」って批判されても、ずっとエロ動画出し続けるって。やりよる。実はもう、前みたいな清純の仮面を、結構脱いでる。

ジャンプアップのためには
何が必要とされているのか

まじお: 次にショックがでかかったのは、ぱるる(島崎遥香)とNMBさやみる(山本彩・渡辺美優紀)の順位。マジ、こじはるは抜いて欲しかった。
ガリ: 世代交代論者としては、全部の順位のなかで、そこがいちばんキツかった。投票してないくせにアレだけど、ファンは何やってんだよ! と思ってしまったわ。
まじお: さや姉があの順位とか、見てて辛すぎた……。どう考えても一般的な知名度はあるはずなのに、どうしてあんな事に! あの子たちの頑張りはどう考えても足りているのに! やはりNMBオタが、AKB・SKEオタに比べて弱すぎるんだよ……。
ガリ: 15位みるきーが発表になったとき、みるきーは満面の笑顔をつくったけど、さや姉がすごく切なそうな表情で見ていて、彼氏かよ……と思った。それ見て、めっちゃ切ない気持ちになったわ(笑)。
まじお: わたし的には、みるきーはあそこで、怒って欲しかったかな。ラジオで「猫被るのを辞めたい!」って言っておきながら、また被ってしまった。この壁を乗り越えてもっと自分を出せるようにすれば、魑魅魍魎の仲間入り出来るようになると思うんだけど……。
ガリ: 私もそれは思った。司会の徳光が何回振っても、かわしてたよね。ただ、プーチンさんが書いてたように、あれはみるきーなりの美学なんだなと思って。気持ちとしては、私もみるきーの姿勢に共感するんだけど。
まじお: うん。でも、もっと上を目指したいなら、あの殻は絶対に破らなきゃだめ。
ガリ: このエンターテイメントショーで勝ちあがるには、あのスピーチすら、踏み台にしてやる! くらいの気持ちで、印象に残ることを言わないとだめだよね。彼女はユーモアのセンスもあるんだし。
まじお: あんな、投票してくれたファンに気を遣って、満面の笑みだなんて。そこはそこで素敵だけど。
ガリ: NMBのツートップは、品がある。大人だよね。
まじお: うん、さやみるは、本当に凄く良い。あの二人は最高なので、もっと上がって欲しい。
ガリ: さや姉のスピーチを聴きながら、みるきーが言えないぶんを、さや姉が言ったんだなと思って、また胸が熱くなった。最強のバディだわ……。
まじお: 現在、48G上でもっとも最高な二人だからな。そして、ぱるるは怖かったな。
ガリ: 生気の抜けた顔がモニターに映るたび、会場がざわめいていた。そのうち映らなくなった(笑)
まじお: やっぱりまだ未熟すぎるな。徳光に恥をかかされてブチ切れて座っているのが……。
別にプロ意識を持てとは言わない、寒い中みんなプロ意識もって、呼ばれるであろう人たちは毛布をかぶらないで背筋を伸ばしていたのに、ぱるるだけ速攻で毛布かぶってたのは、凄い良かった。あれはあれでキャラ。
ガリ: あれは笑ったわ、僧侶かよと思った。さすが只者ではないと思ったけど、スピーチはあんまりいいステージではなかったね。
まじお: 「ふてくされ」は一番最悪。キレるならキレる、キレないならキレない。どっちか。
ガリ: もっと上にいくと思ってて、スピーチできなくなったのかな……。
まじお: 上に行っても「わ~嬉しいです~」で終わってた気もするけど(笑)
ガリ: 「AKBが大好きです」って言ったのは、珍しいなと思ったけどね。個人的には、元チーム4が選ばれるたびに、岩田華怜が抜かれていて、みんなのお母さんみたいに反応してるのが、味わい深かった。
まじお: 関係ないけど、まゆゆは岩田が入ってきて超嬉しそうにしているのが良い。「この子はめっちゃ痛い子なんですよ!」って嬉々として語るまゆゆ(笑)。
ガリ: うおー、まゆゆー好きだよー! 1位にしてあげられなくてごめんよー!!!
まじお: あんな5万票差、無理ですよ! 指原化け物!
ガリ: 指原1位でいいなと思ったのは、はじめて地方出身者が1位になったということ。3期くらいまでのAKBって、ほぼ関東近郊出身者だったから、これに関しては世代交代感がある。
まじお: 指原一位になればHKTの子どもたちが喜ぶので良い事です! 指原に対する溢れんばかりの子どもたちの尊敬の目が素晴らしい。超可愛い。
ガリ: 保育園みたいだよな。指原が保育士で。
まじお: はるっぴ(児玉遥)の「さっしーしゅごい!!」っていうキラキラした目……激萌え。
ガリ: はるっぴ、席がよくて、スピーチしてる人の後方に必ずフレームインしてて、印象的だった。持ってるな~と思ったよ。
まじお: でしょう!! うんうんと頷くだけで健気さが出ていてよかった。あの健気さが全国に広まったはず。「しのだしゃんに言われた通り、ちゅぶすつもりで!」って言った後すぐに引退を発表されて、戸惑うはるっぴ。「あ、あれ!?ちゅ、ちゅぶすつもりだったのに!?」。かわ~~~
ガリ: 今回、HKTの順位は妥当だし、すごくいい感じだったね。らぶたん(多田愛佳)のスピーチが、個人的には64人の中で一番よかった。「去年の結果がショックで、思い切ってHKTに移籍して本当によかった。HKTの姉さんとして頑張りたいと思います」ってやつ。
まじお: らぶさんのスピーチ最高でした!! らぶさんはHKTのために必要な人間だからな。HKTに来てくれてありがとうらぶさん。そしてらぶさんに入れたファンありがとう。本当に一年前まではマジ舐めたガキだったのに、感動。立場が人を育てます。
ガリ: 同期のまゆゆが感極まってるふうだったのも、泣けた……。
まじお: あと佐藤すみれのスピーチも良かった。小森(美果)が居なくなって、初めて自分のヤバさを実感するすみれ。まあでもすみれが来年残れるかはそれでも微妙だけど。
ガリ: ランクインすると思ってなかったので、正直驚いたわ。
まじお: みゃお(宮崎美穂)消えたし……。あれは、甘えた人間の末路。
ガリ: 中堅どころの順位を見てて、やはり「火中の栗を拾いに行く」者が評価されるのだなと思った。超選抜は仕事が振られるけど、中堅以降は仕事量に大した違いはないわけで、そこで自ら仕事を作る者が評価されるのだなと。マジ、会社組織と一緒だよなー。
まじお: 人生は常に逆流に似ているので、泳がなかったらそのまま下流に流されるだけなんですよ! せめて逆流と同じ速度で泳がないと! 上がりたかったら、それ以上にもっと必死に泳がないと! らぶさんは今年泳いだ。偉かった。
ガリ: 中堅以上で残ってる子は、だいたい泳いだ子だよね。
まじお: 今年特に泳いだのは、藤江れいな。
ガリ: 藤江のジャンプアップ素晴らしかった。24位!
まじお: 藤江はまさかここに来て上げてくるとは……。底しれないわ。
ガリ: 「上からマリコ」選抜が1年半前くらいだから、評価っていうのは、そのくらい間隔があいてからつくんだなと思ったよ。そのあいだ、藤江はずっと努力し続けてきたということ。
まじお: 前は良く知らなかったんだけど、あの子は凄く明るい性格で良いね。明るいのは才能だから。
ガリ: そうそう、本当に性格がいいし、毎日「22時の嫁」をアップしていてえらい。握手もめちゃくちゃ評判いいしね。

指原1位が48グループに
もたらす本当のメリット

まじお: アンリレと、菊地藤江まりやぎの、運営推し三人組だけど、かとれな(加藤玲奈)以外みんななかなか好成績で良かった。
ガリ: 川栄(李奈)は、スピーチの締めにちゃんと「ウソだろうが!」を入れてきたのでえらい。
まじお: 川栄は良かった。私一周回ってもはや川栄好きだから。
ガリ: ああいう持ちネタやキャラクターを、ここ一番でちゃんとやれるのは、えらい。
まじお: 「ろりっちゃん」とか言われてた時は、川栄自身というより売り方とファンがマジで嫌いだったけど、バラエティ出て振られた時の反応速度が異常に早くて、凄いなと思った。
ガリ: 芸能人体力がかなりある子だよね。やっぱ、ああいうのはセンスだから。その場でぱっと喋って対応するっていう。動物的嗅覚に優れている。
まじお: 来年は川栄行きますね。
ガリ: 川栄くるね。
まじお: チャンスを与えられた時に、物凄いスピードで反応して、予想以上の効果を残した。ああいう時頑張れる人は偉い。今までのAKBにいないタイプで、いい。何かハロプロっぽいけど(笑)
ガリ: 加護ちゃんに似てるからかな……。男運だけを祈るわ。ロリ売りが消えて正解だと思う。
まじお: ロリオタは、意外と票持ってないからね。あんなに朝長美桜を話題にしておきながら、あの順位って。こじまこ(小嶋真子)とかも。「π(パイ)の成長が……」とか言ってるだけで、投票しないもん。める(田島芽瑠)とみおの順位が注目されていたけど、こうやって結果が出ると、めるの方がみおより上にいるので、安心した。
ガリ: めるは、かなり輝いていた。あの子は本物……。
まじお: めるはマジで本物。敦子レベルのオーラを感じる。
ガリ: スピーチもしっかりしてたわ。最初は感極まってたっぽかったけど、後半すごくスラスラ喋っていて、恐怖すら感じた。あれで13歳!
まじお: あの子、本当に華がある。HKTの他のメンバーと一緒に写った時、ぱっと目が行く。色が抜けるように白くて、輝いていて、一番最初に目が行くのは、やっぱりめる。
ガリ: フレームインするたびに、笑顔が可愛すぎて死んだわ……。
まじお: はるっぴ残念!でも頑張ろうねはるっぴ!! はるっぴは横で「ぐぬぬ! でも私年上だから! しっかりしなきゃ!」って言って頑張る健気さが素晴らしい。
ガリ: しかしナマで見て、HKTの幼女さに驚いたわ。他グループに比べても、あまりにも若すぎて。
まじお: HKTの子どもたちを消費するのは犯罪ですね……。あの集団で今消費していいのは、谷真理香とさくらたん(宮脇咲良)くらい。さくらプロはプロだからOK。
ガリ: さくらたんは、消費すら受け入れる頭脳明晰さだからな。あいつも逸材……。
まじお: これからも逸材だらけのHKTを宜しくお願いいたします。指原さんもいて、これからも無敵です!
ガリ: まじお先生楽しそうでいいな(笑)。箱推し、うらやましい。繰り返すが、私は世代交代推進論者なので、まゆゆ、珠理奈、さやみるが思ったほどあがらなくて、残念無念である。先行者利益というか、若い子はどうしても票がバラけてしまって、古参に敵わないのは、構造的に仕方ないんだけど。
まじお: 構造的に無理だから、誰も優子を倒さないよりかは、一時的に指原が出てきて、この世を暗黒にするのも良いと思う。敦子が居なくなったのに、敦子がいる時のままのカラ緊張感が総選挙全体に漂っていて、あまり良くなかった。敦子の残り香を一回完全に一掃するためには、良かったのだと思う。
ガリ: 指原が頂点に立つことで、いったんガラガラポンになった。「やすすにとって、敦子卒業前の第一章AKBと、敦子卒業後の第二章AKBはパラレルワールド」説を唱えてきたけど、ようやく本当の変化が訪れたのだと思う。
まじお: やっぱりこのままでは「敦子の次」をみんな求めてしまってたもん。でも指原がセンターなったことにより、「敦子の次じゃなくてもいいんだ」って、なったと思う。
ガリ: 指原、最強のトリックスターだわ……。
まじお: そしてそれに追随する指オタたち。指オタ最高。指原もオタも、文春などには殺せまい! 文春はもう、指原人殺ししてました、位のスクープ持ってこないと、指原もオタも倒せないぞ。
ガリ: 指原は48グループのために、一時的に魔王になったんだな。来年倒されるのを待ちながら、ピエロとして振舞い続ける……
まじお: うん、「次世代敦子」の虚像を、一旦破るための指原。
ガリ: 来年陥落したとしても、指原死すとも自由は死せず的な……。
まじお: マジで良く出来てるわ、AKB。指原は明らかに想定外の人材だよな。あの10年に一度の逸材の秋元康でさえ全く読めない、100年に一人の逸材なんだよ。すごすぎる。左遷されて一年、たった一年で、五倍くらいに膨れてかえってきた……。しかも、本人も膨れた上に、子どもたちを導いてかえってきた……。
ガリ: 逆ハーメルンの笛吹き男だな。
まじお: 私が好きなはるっぴも、やっぱり指原があってのはるっぴなので、結局私も一番好きなのは指原です。
ガリ: やすす、楽しいだろうなー。アダム・スミスの「神の見えざる手」じゃないけど、市場の勢力均衡的なものを、この総選挙で見せられた気すらする。
まじお: 「神の見えざる指」ですね
ガリ: 誰がうまいこと(笑)

(@girliennes)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。