【LIFE】わたしの「クリスマス・キス」

noel

こんばんは、高野麻衣です。

すっかり寒くなりましたが、いかがお過ごしですか?

新刊『マンガと音楽の甘い関係』の告知も始まり、同時に花園会でも、来年春に向けてイベント(念願のオープンパーティ!)の企画が浮上し、個人的には浮き立つような日々。

年の瀬のあわただしさも感じますが、12月のこの時期って、幸福感に満ちたホリデイでもありますものね。

じつはわたしは、小さなころからヨーロッパの物語とその土台であるキリスト教会に夢中だったので、クリスマスについての本を読んだり、映画をみたりするのがだいすきなんです。

小公女セーラが屋根裏部屋にしつらえてもらったごちそうにある、クリスマス・プディングってなあに?

若草物語の四姉妹が声を合わせるのは、何番の賛美歌?

あしながおじさんのジュディみたいなクリスマス・プレゼントのリストを、自分でも作ってみよう!

大きくなってからもコバルト文庫や角野栄子(『魔女の宅急便』の作者)のエッセー、そして萩尾望都のマンガで、あこがれは増していく一方でした。

いわゆる、乙女心のインテリ欲です。

サンリオやフェリシモといった女の子のためのファンシー・グッズの大手も、かわいいイラスト付きの読み物をたくさん与えてくれました。テレビ局も、いまよりロマンチックな番組をずーっと流していた気がします。

冬休みの最初の日でもある、クリスマスの朝の幸福感といったら!

今年マガジンハウスからAfternoon teaとのコラボによる「クリスマス・ブック」が発売されたのは、そういう思い出をもった大人へのプレゼントなのだと、わたしは感じました。

アドベントのはじめにはいつも、銀座・教文館のクリスマス市へ。絵本専門店「ナルニア国」では、新しい定番になりそうな、美しい切り絵の本に出会いました。

クリスマス・イヴには母校のそばにある教会へ行ってお祈りをしたい、そんな気分です。

xmancandle2

教会では、11月30日の「聖アンデレの日」からクリスマスの準備をはじめます。この日に一番近い日曜日から一週間に一本ずつ、蝋燭に火をともしていく――この行事がアドベント(待降節)のカレンダーのはじまりなんですって。

1週目はやさしい心を持つことができるように。

2週目は丈夫な心を持つことができるように。

3週目は忍耐強い心を持つことができるように。

4週目はお祈りする心ができるように、火をともすのです。

わたしはこれを、コバルト文庫の人気作家だった藤本ひとみ先生のイメージアルバム「クリスマス・キス」で知りました。

このアルバムのなかには、小説に出てくる人気キャラクターが「好きな聖書のことばを朗読する」コーナーがあって、わたしは大好きなシャルルの読みあげる「ローマ人への手紙 第12章 (愛には偽りがあってはならない)」をまったく当然のことのように暗誦していました。

ラルク・アン・シエルに夢中な女の子が「ハイドさんの歌詞の世界観を知りたくて聖書を読む」こともおなじですよね。

こういう愛いっぱいのミーハー文化を、わたしたちの手で復活させたい。

これがわたしの、クリスマスの祈りです。

だからこそいま、ひとみ先生自身のおきにいりだった「ヨハネの第1の手紙 第4章」が、いちばん胸に染み入るのかもしれません。

神を見た者は まだひとりもいない。

だが、もしわたしたちが互に愛し合うなら

神は わたしたちのうちにいる。

little women

noel teapuddingrobbienoel2

MY FAVORITE ADVENT

★「若草物語」

★「くるみわり人形」のバレエ

★マリアージュ・フレールの「ノエル」

わたしの3大定番。「若草物語」は、若き日のキキやクリスチャン・ベールも登場する93年のジリアン・アームストロング監督版がいちばんすき!

★べノアの「ダージリン・アールグレイ」

★ウォーカーの「クリスマス・プディング」

今年のハマリものおやつ。スパイスのきいた冬の英国紅茶と、あこがれのケーキ。

★パメラ・ドルトンの「クリスマスものがたり」

これも今年出会ったすばらしい絵本。ウィリアム・モリス風のイマジネーション。「ナルニア国」にて原画展開催中(http://www.kyobunkwan.co.jp/blog/archives/info/4818408336)。

★ロビー・ウィリアムズの「SWING WHEN YOU’RE WINNING」

去年のホリデイにばちこちゃんが貸してくれたアルバムが、すっかり定番化。フランク・シナトラやフィッツジェラルド、ボビー・ダーリンの名曲たっぷり。多幸感たっぷり。そういえば出会ったころにも、ふたりでルロイ・アンダーソン礼賛をしていました。

★エインカレムの「クリスマス・カード」

★レースのオーナメント

クリスマスのカードや飾りは赤いものよりも、白と金を基調に、ブルーやピンクをあしらったものが好き。聖具店であるエインカレムは、清楚な色合いの宝庫。

★クリスマス・ローズ

クリスマスもやっぱり薔薇を飾りたい。今年はモーブピンクの花をブルーアイス(糸杉の一種)と組み合わせて、冬らしさを演出しました。

みなさんのホリデイが、すてきなものになりますように!

(高野麻衣@otome_classic)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。