【LIFE】花園magazine撮影裏話&簡単ガーランドの作り方

こんにちは、ガーリエンヌです。
改めまして、『花園magazine Vol.1 2012秋冬号』を手にとっていただいた皆さま、どうもありがとうございました。
文学フリマの会場で約35冊、通販で約60冊があっという間に売れまして、一同喜んでおります。
次号は2013年春頃、文学フリマにてお目見えする予定です。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

さて、その『花園magazine』の巻頭特集「シャーロック気分の東京案内」の裏話。
高野麻衣さんがイギリスをテーマにしたファッションに身を包み、おすすめスポットを紹介するというもので、スタイリングはメンバー全員の洋服を持ち寄って行いました。
実は一点、ページの関係上、掲載から漏れたスタイリングがありました。
その名も「少年探偵団ルック」!!
ブラウスは高野さん、バンビ柄ハンチング帽はばちこさん、ジャケット、キュロット、リボンブローチは私のもの。
写っていませんが、足元は白ソックス&白×ベージュのバイカラーオックスフォード靴でした。
全体的にとても秋っぽいスタイリングで、シャーロック風でもあり、お気に入りです。
高野さんの表情も、我ながら結構よく撮れたような気がする写真です。

そしてP.7のこちらの写真。

くつろぎながら「SHERLOCK」を見ているロケーションは高野さんのおうち(オシャレ!)なのですが、壁にかかったガーランドは撮影用に私が手作りしてみました。
アップにすると雑さがわかってしまいますが、めちゃくちゃ簡単に作れるのに、パッと見それっぽく見えるんです。
というわけで作り方をご紹介!
①好きな色画用紙を買ってくる。文具店だと1枚から買えます。確かA4サイズで1枚50円くらい。
今回は英国ということで赤と青にしました。
②インターネット上で、イメージする画像をひたすら探す。「london illustration bus」とかで検索しまくったような・・・
③集めた画像のサイズと形を同じくらいの長方形になるように調整する。9cm×13cmくらい。
④それらをプリントアウトし、カット。画用紙も4つ切り(A6サイズ)にカット。
⑤切った画用紙(カードと呼びます)の上に、プリントアウトをぺたぺたと貼っていく。上部に少しスペースをあけておく。
⑥カードの右上と左上にパンチで穴をあける。
⑦すべてのカードを好きな順に並べたら、穴にリボンを通す
はいできたー!
説明には7項目使ってますけど、④以降は10分くらいでできる作業です。
ポイントはリボンを青と赤のチェック模様にしたこと。
リボンは四谷にある「TOKYO RIBBON」にて購入しました。
名前のとおり、リボンを専門に扱っている会社で、ショールームではお買い物もできます。
いっぱいリボンが並んでるのを見るだけでも楽しい!!

ハロウィンなら画用紙をオレンジと黒、クリスマスなら緑と赤、みたいに簡単に応用がききます。
長方形ではなく円や♡型にしたり、絵のかわりに文字を印刷して「HAPPY BIRTHDAY」とかメッセージにしてもいいかもしれません。
紙製なのでけっして立派なものではありませんが、パーティーの飾りつけなどによかったらどうぞ。
(@girliennes)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。