【Life】Hit List of 2012 Summer @vertigonote

こんにちは、@vertigonoteです。
ガーリエンヌちゃんと麻衣ちゃんが夏のHit Listをつくっていたので、
この流れは私もやるべきということですよね!
と勝手に認識して今回は私もこの夏のお気に入りをご紹介することにいたしましょう。

●Item

今年の夏は珍しく長く休みをとることが出来たので、金沢旅行にいってきました。
一目ぼれして買ったのが九谷焼(青粒)のコーヒーカップ。レトロモダンな気分。

●Item2

同じく、旅行中に購入した漆塗りのマグカップ。手に馴染む感じがお気に入り。
ウサギ模様のティースプーンも一緒に。

●Sweets

プリンが美味しいですよ!と教えてもらった東出珈琲店
甘さとほんのり苦いカラメルがホントに絶品でした!
「カフェ」じゃなく「喫茶店」な感じのお店の居心地も最高。
煙草と文庫本があれば何時間でも居座れる…そんな雰囲気のお店でした。

●music

「メリダとおそろしの森」はとっても素敵な映画だった。
この夏いちばん爽やかな女子映画(かつクマ映画)。
心に「あらぶるむすめ」がいるひと、あるいは「あらぶるむすめ」をもつおかあさん必見。
舞台となるスコットランドの森を彩る、ケルト色の強いサウンドトラックもおすすめです。
私は序盤の’Touch The Sky’ から涙しました。

●sound

ツイッターで教えてもらった、「雨の音」。
いつも聴いている音楽に重ねてこのURLを開くだけで不思議にノスタルジックな気分に。
痛いほどの陽ざしが続く夏なので、これで少し涼をとるのも一興かと。

●Book

ゴシック・ロマンと「昭和50年代日本の応接間文化」融合地点であるところの
V・C・アンドリュースがこの夏なぜか読みたくて。
「実は読んでませんでした」なドーランギャンガー・サーガの番外編『ドールハウスの夢』と
最初の翻訳作品『オードリナ』。どちらもすばらしくおもしろくて怖かった。
この世界に私を閉じ込めるのはだれ?屋敷の支配をめぐる狂乱が
下世話ともいえるテンションで描かれれば描かれるほどにせつない。

●art

以前麻衣ちゃんが記事で取りあげていた「ドビュッシー、音楽と美術」展
ドニの諸作(どれも女の子たちが超可愛い!)とともに、私のお気に入りの1枚は
ウィンズロー・ホーマー「夏の夜」。
女の子二人が踊る姿のやわらかな官能と、
不穏にも優しくも見える人影、波しぶきと光。ずっと見ていたかった。

気がつけば8月も残り1週間。夏休みが8月末までだった時代はとうの昔に過ぎ去ったはずなのに、なぜかこの週は今も物悲しい気持ちになります。あまりの暑さに去りゆく夏を惜しむ気持ちにもなりにくい気がしますが・・・それでもやっぱり少しさびしい。気分を変えて、少し気が早くなるけど秋のお洋服や味や文化を求めて街に出てみようかしら。そんなことを思う、8月最後の日曜日です。 ( @vertigonote)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。