【LIFE】Hit List Of 2012 Summer

こんにちは、ガーリエンヌです。
暑い日が続いていたのが、最近少し夜が涼しくなって、ようやく夏の小休止という感じがします。
その隙に、この夏の個人的ヒット・リストをご紹介。

●Hotel

7月頭に行った香港・マカオ旅行。マカオではGrand Lapa Hotelというホテルに泊まりました。
マンダリンオリエンタル系列で、緑いっぱいの屋外プールがあり、
マカオ中心街のすぐそばとは思えない落ち着いた雰囲気。
プールサイドでモヒートを飲みながら読書すれば、ばっちりバカンス気分が味わえます。
大型ホテルにしては珍しくカジノもないため、ファミリー連れにもおすすめです。

●Bag

ロペピクニックのセールで買ったストロー素材のスイカ型クラッチ。
おもちゃみたいな?見た目に反して、意外と物が入ります。
こういうデザインは年に2~3回しか出番がないとわかっていても、つい買ってしまう・・・

●Music

この夏のキラー・チューンといえば、Lupe Fiascoの「Around My Way[Freedom Ain’t Free]」
サンプリング元はPete Rock &C.L.Smoothの名曲「They Reminisce Over You(T.R.O.Y.)」。
サックスの音が気持ち良すぎます。アルバムは9月発売予定。
ほか、夏の夜の水底を思わせるようなMiguelのR&Bバラード「Adorn」や、
ドライブにぴったりな Owl City feat.Carly Rae Jepsen「Good Time」もヘビロテ曲。

●Cosme

エテュセの化粧直し用収斂化粧水アクアスプラッシュの限定UV版。
汗をかいた部分が、さらさらと落ち着きます。

●Sweets

四谷三丁目のフルーツパーラーフクナガのパフェ。
クリームやジェラート部分までしっかり美味しい。
今はモモのパフェ、プラムのパフェが期間限定で出ています。
サンドイッチなどの軽食もいただけます。

●T

 J×バットマンのコラボTシャツ。
よく見るとうしろにJの文字が。「HERE WE GO」はJの最新シングルのタイトルから。
映画『ダークナイトライジング』ももちろん面白かった!

●Book

柚木麻子『早稲女、女、男』は“ワセジョ”を取り巻く男女の青春を描く連作集。
どの主人公もいいところと悪いところがあって共感できるけど、
やはり喪女としては「サバサバしていて正義感が強くて姉御肌、
でも実は不器用」なワセジョ・香夏子の姿にぐっとこずにはいられなかった。
ワセダンの元彼が、昔は阿佐ヶ谷、今は水道橋に住んでるっていう設定など
細かい“あるある”も嬉しい(早稲田の呪いにかかると、中央線から逃れられないのである)。
本谷有希子の短編集『嵐のピクニック』。
去年の『ぬるい毒』でも「ちょっと作風変わった?」と思わされたけど、本作でははっきりと変化。
ぬめっとした部分が薄まり、ドライで軽やかで不思議な感覚に包まれる。
外国産のトニックウォーターみたいな味わい。
『第六ポンプ』は、『ねじまき少女』で華々しくデビューしたパオロ・バチガルピの短編集。
どの作品も資源が枯渇した近未来が舞台で、あえてクーラーの効かない暑い昼間に読みたい。
決して明るい未来ではないけど、生きている人たちはみんなしたたかでたくましい。
お気に入りは「フルーテッド・ガールズ」「カロリーマン」「ポップ隊」「イエローカードマン」。

●Shoes

dholicにて購入したリボンサンダル。
2か所のリボンがポイントになるうえ、とても歩きやすい。旅行でも活躍してくれました。

●Nail

夏はやはり濃い色のネイルが塗りたくなります。
一色塗りも可愛いし、白ベースの爪先にちょこんと色が乗ってるだけでも気分がアガる不思議。

(@girliennes)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。