【Art】それはわたしの恋人/ルドゥーテの「バラ図譜」展とコンサート

6月になれば思い出すのもの――
わたしはだんぜんバラの花。
年ごとの薔薇見(ばらみ)のせいかもしれないし、バーンズの詩のせいかもしれない。

ああ 恋人は赤い赤いバラのよう
6月に花咲く
ああ 恋人は音楽のよう 甘い調べ

ここには美しいものの象徴――最上級のほめことばとしての音楽とバラが、とてもシンプルに歌われている。
6月のバラの花言葉は「気品」。
それをひくまでもなく、人生の目標地点のようなものだとおもっている。

もちろんここで語っているのは、ルドゥーテの描く淡いピンクや白の、優美なオールドローズだ。
18~19世紀にかけて活躍した宮廷画家ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ(Pierre-Joseph Redouté)。
彼はマリー・アントワネットに仕え、革命後にはナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌのもとで、マルメゾンの庭園に収集された膨大な数のバラを描いた。
銅版画をまとめた「バラ図譜」は、ボタニカル・アートとしてはもちろん、植物学の観点からも多くの人々を魅了しつづけている。

たとえば冒頭のロサ・ケンティフォリア(Rosa centifolia)。
これは有名なヴィジェ・ルブラン夫人による肖像画のなかで、マリー・アントワネットが手にしている花の拡大図といっていい。

ケンティフォリアの意味は「100枚の花びら」。
ダマスク・ローズの種類だから香りもよくて、香料採取用としてもたくさん栽培されている。

重なりあう花びらが美しいグラデーションをつくるさまは、眺めているだけでしあわせ。
まわりじゅうが香りで満たされてしあわせ。
花を愛でるときに感じるこの気持ちを形にとどめるために、ルドゥーテのような画家が愛されたのかもしれない。
ルドゥーテは、王妃の絵の先生でもあった。

 

「バラ図譜」に関しては、ルドゥーテの生誕250周年を記念した「薔薇空間」展(Bunkamuraザ・ミュージアム, 2008年)の盛況が記憶に新しい。
しかし今回の展覧会で特筆すべきは、音楽とのコラボレーション。
“ルドゥーテチェンバロ”と呼ばれる、画家のバラを模写したチェンバロが展示されるばかりか、クープランやラモー、マリー・アントワネットの歌曲「それはわたしの恋人」の演奏を愉しむこともできる。

ルドゥーテチェンバロ(久保田チェンバロ工房, 1992年)

7月の「ドビュッシー、音楽と美術――印象派と象徴派のあいだで」展(ブリヂストン美術館)といい、今年はジャンルを横断するような展覧会が目立つのでうれしい。

生涯に4,000枚以上の花のデッサンを描いた彼(ルドゥーテ)には、ほぼ同時代に生きたモーツァルトの音楽と同じく、軽やかで華やかな旋律の中に美しいもののみ信じて生きた人の、透明な視線が感じられます。

と語る主催者の心意気に注目したいルドゥーテ展は、上野の森美術館にて開催中。
コンサートは15日まで。

http://www.eventsankei.jp/redoute_rose/index.html

 (高野麻衣@otome_classic)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。