【Movie】アイリーン・アドラーという女/『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

こんにちは、高野麻衣です。

だれにだって「あこがれヒロイン」がいるとおもうのですが、あなたならだれを選ぶ? わたしは昔からヴィクトリア朝のロンドンと、ホームズと、彼の「美しきエレーヌ・アドラー」がだいすき。

それでいて峰不二子――「いい女っていうのはね、自分で自分を守れる女よ」リスペクトも生半可ではないので、ガイ・リッチー監督が二次創作したホームズ映画のヒロイン、アイリーンには当然のブラボーでした。

今回は彼女をテーマに、公開中の『シャーロック・ホームズ』シリーズ(Sherlock Holmes, 2009/ 2011)のお話を。

■ファッション、身のこなし、声

「この時期のロンドンは寒すぎるわ。ニュージャージーが恋しいわけじゃないけど、でも『冬の旅』のほうがすき」

ガイリッチー版ホームズのアイリーン・アドラーは、眠るホームズの部屋に侵入しくつろぎながら、わたしたちの前に登場する――刺繍入りのハンカチ。薔薇色のバッセル・ドレス。そのドレスを裾から覗かせた、ロイヤル・ブルーのケープ――第2作でも、冒頭の雑踏のなかで彼女の美しい青のケープと腰のラインが大写しになった瞬間の陶酔感といったら! 身のこなしは優雅、紅茶を飲むしぐさはコケティッシュ。そしてホームズとのあいだに漂う、なんともいえない“共犯者”の雰囲気。

だれもがルパンと不二子を想像した、そんな瞬間だ。

原典にあたっていないから確実じゃないけれど、彼女のいう『冬の旅』ってシューベルトの歌曲集のことかな、とわたしは理解している。なぜならアイリーンの表の顔は「元・オペラ歌手」だから。

「どれ、見せたまえ。――フム、1858年米国ニュージャージーの生まれ、コントラルト歌手、スカラ座出演、フム! ワルシャワ帝室オペラのプリマドンナ……歌劇壇引退……ホウ、目下ロンドン在住か、なるほどね! そうしますと陛下、この若い人物と煩わしい関係をお持ちになりまして、問題をおこしそうな手紙をお与えになりましたので、それをいまはとりもどしたいとお望みなのでございますな?」

アイリーン・アドラーはコントラルト!

はじめて読んだときは驚愕した。これはナタリー・シュトゥッツマンのようなかなり低く、渋い声域。『冬の旅』を歌うのも納得だ。

でも、彼女のカルメン的キャラクターや男装が得意という発言からは、コントラルトというより、いまでいうメゾソプラノだったんじゃないかとも考えられる。メゾはソプラノより低い声で、ダーク・ヒロインや少年役(モーツァルト『フィガロの結婚』のケルビーノや、リヒャルト・シュトラウス『薔薇の騎士』のオクタヴィアンなど)が多いのだ。

「でも、ご存じの通りお芝居には慣れておりますし、男装をいたすなど造作もございません。これまでにもよく、そのおかげで気ままにふるまったものでございます。私は馭者のジョンにあなたさまの見張りをさせておき、二階へ駆け上がって、散歩服と呼んでおりますが、急いでそれを身につけて降りてみますと、ちょうどあなたさまはお帰りになるところでございました。それからおあとをしたってお玄関先まで参り、私風情を狙っていらっしゃるのが、有名なシャーロック・ホームズさまに違いないことを確かめたのでございます。そして少しはしたなくはございましたけれど、ご挨拶申しあげて、その足でテンプルに良人を訪ねてまいりました。」(以上、延原謙訳)

この有名なアイリーンの“男装”を、リッチーは第1作の終盤でも応用している。セリフや音楽――第1作のハイドン、第2作のシューベルトやオペラ『ドン・ジョヴァンニ』の使い方もそうだけれど、リッチーのアプローチは“愛あるマニア”の鑑だと、わたしは思っている。思わず、

「あなたったらどれだけ、どこまで、原作を読みこんだのよ!」

と呆れながら抱きしめたくなるような、オタク魂。これを昇華させ、きっちりエンタメとして成立させ、なおかつ美しい画面。二次創作の鑑である。

■男同士の絆にわりいる「第3の女」

この二次創作的要素のうち、世界中でよかれあしかれ騒がれすぎているのがホームズとワトスンのブロマンス(ブラザー・ロマンス=男同士の絆)なのけれど、わたしはここにもアイリーンを登場させたい。

イヴ・K・セジウィックが『男同士の絆』で論じたように、ホモソーシャルにわりいる異性の存在は、その関係性により複雑な愛憎模様を生じさせる。第2作ではワトスンの結婚がそのトリガー。でも1作めのアイリーンはすてき。敵方についたとみせかけて、相棒たちと(男装して)共闘するのだから。

ワトスンの「あの女」呼ばわりやホームズのだらしないかんじ、やっぱりどう考えてもルパンと次元と不二子。つかずはなれず、くされ縁、の感覚がたまらない。わたしは三角関係の物語における“あて馬”に愛着を感じてしまう性質なのだが、この場合はアイリーンが完全にそれ。なにも男でなくても、わりいるのが恋愛関係でなくても、このタイプの人間がとる距離感がはいい。

「わたしが恋しくなるわよ」

とうそぶくアイリーンに、

「悲しい哉、そのとおりだ」

額にキスして、相棒のもとへ戻っていくホームズ。この幕切れは、私的「第3の女」作品の最高峰として歴史に刻まれている。

■レイチェル・マクアダムス(Racel MacAdams)

最後に、演者について。リッチー版アイリーンの魅力は、レイチェル・マクアダムスの少女マンガ的存在感――アメリカのお嬢さんふうの快活で、清潔で、そこはかとなく上品なようす――を抜きにしては語れない。

実際、当時の英国男の目にどれほどアメリカ女が魅力的に映ったかという話は、ヘンリー・ジェイムズなどがくり返し書いているが、だからといってたとえばスカーレット・ヨハンソン的“ザ・ハリウッド女優”が演じていたら、ここまで思いいれなかっただろう。

マクアダムスは1978年カナダ生まれ。2004年、リンジー・ローハン主演『ミーン・ガールズ』での学園の女王レジーナ役、および『きみに読む物語』のヒロインを演じてブレイクした。その後大作は『幸せのポートレイト』とこのホームズ・シリーズということになっているが、昨年日本公開されたキューティ映画『恋とニュースの作り方』も、2011年心のベストテン第3位。5月公開のウッディ・アレン監督作品『ミッドナイト・イン・パリ』も、全力で応援していく予定。http://www.midnightinparis.jp/

もちろん、ホームズや『LUPIN the Third ― 峰不二子という女』http://fujiko.tv/についても、まだまだ追いかけていきます。(@otome_classic)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。