【Fashion】Style of Lana Del Rey/なりきりラナ・デル・レイ!

Hey Lolita,hey!

こんばんは、ガーリエンヌです。
セレブリティのまねっこファッション特集、記念すべき第1回のテーマはラナ・デル・レイです。

三途の川の淵で歌っているような深い哀しみをたたえたボーカルと、ブルージーでメランコリックな楽曲。
誰もが「彼女はいったい何者?」と思わずにはいられない新人アーティスト、ラナ・デル・レイ。
本人が編集した「Video Games」のビデオは、すでにYoutubeで900万回再生超という快挙を成し遂げています。
そして、”ヴィンテージ・グラマラス”とでも呼ぶべき独特のファッションも注目の的。
2012年らしからぬ、からこそ鮮烈なラナ・デル・レイのファッションを研究したいと思います。

ラナ・デル・レイ’sスタイルの特徴を見てみましょう。

①テーマカラーは白!
→とにかく白を着てるラナ。白シャツ&白スカート&白スニーカーなんていう全身白コーデもお手のものです。
②アクセサリーはゴールドorコスチュームジュエリー。パールはOUT!
→綺麗めの洋服に存在感のあるアクセサリーを合わせるのがラナ流。意外にもパールはあまりつけていません。
③胸元は詰める主義
→シャツならボタンは全部とめて。ニットやカットソーも、首元が詰まったデザインがお気に入りのようです。ただしホルターネックやサンドレスの場合は、思い切り大胆に。
④足元はぺたんこorハイヒール
→ミニ丈のボトムに合わせるのは、スニーカーやフラットシューズなどのぺたんこ靴、もしくは厚底やハイヒール。半端なヒールはNG。

そんなルールをふまえて、我が家のクローゼットを総動員してみました。

【Lolita】
左上のアーティスト写真を、そのまま真似っこ。
赤のウェッジソールにボーダーソックスをあわせたのがポイントです。
ゴツいゴールドの指輪をはめれば完成。

【Video Games】
50’sっぽい花柄ワンピースにローゲージニットをゆるくかさねてみました。
さらにビジューのついた付け襟で、あえてのトゥーマッチ感を。
足元はヒールではなく、白スニーカーがラナらしいかなと思います。

【Born To Die】
『Born To Die』のジャケット写真のスタイルを応用してみました。
シャツの中に着てるのはデイジー柄の水着。
(うっかり一番上のボタンとめ忘れたのは見逃してください・・・)

【Blue Jeans】
ブルーデニムもラナを象徴するアイテムのひとつ。
白のチュチュワンピースをMIXして古着っぽくコーディネートしてみました。
花飾りは本来はネックレスだけど、大胆にヘッドアクセサリー使いで!

【Summertime Sadness】
赤(写真ではオレンジに見えますが)のプリーツワンピースに
大ぶりネックレスをあわせ、スカーフをベルト代りに。
サマーニットカーディガンは袖を通さず、肩にかけるイメージです。


ハリウッドのセレブ御用達ホテル、シャトー・マーモントのプールサイドでのライブ。
この映像がいちばんラナの魅力が凝縮されている気がします。

(@girliennes)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。